2011
12.08

瀞のおめめ、犬用コンタクト

Category: 怪我・病気
セカンドオピニオンをうけて、治療の選択の余地がうまれました。

近所の病院での治療方法も間違ってはいないらしいので、いつもの先生にかかることにしました。

クール先生はエリザベスカラーと目薬で根気よく治したら?と言いましたが、

近所の先生は犬用コンタクトをすると、より早く治るとおっしゃるので、やってみることに!


でも、このコンタクト、非常に取れやすいとのこと。

パグはお目目がでかいから、よけーに取れるんやって!

で、どうやったら取れなくするかっちゅーと、


まぶたをホッチキスで止めるんですって!!!




家族会議の結果、やってもらおうとなりました。


一瞬の痛みはあるけれど、はやく目を治したいと思ったからです。



とろ

おめめんとこ、止まっているのわかりますか?



瀞はとてもおとなしいので(病院では)、先生はらくーにできたそうです。



ちょっと痛々しいけど・・・本人はあんまりきにしてなさそー







はな
お花姉さんはとっても元気ガールですう
関連記事
スポンサーサイト

back-to-top