2015
03.26

九州の旅☆その3

これまでの旅行記 福岡うきは市筑後川温泉の記事はコチラ→その1
             鍋ケ滝とムツゴロウの記事はコチラ→その2




二日目のお宿は、佐賀県太良町にある平浜荘さん

ブランド蟹の竹崎かにを食べさせてくれる、ワンコOKの部屋が1室だけある旅館です。

ひら2

平日だからか、宿泊客は私たちのみ。エヘへ貸切でした~。
お話好きの明るくて、わんこ好きの優しい女将さんが出迎えてくれます。



お部屋は海が見える、洗面トイレ付き和室10畳
ひら1
チェックイン時にすでにお布団が敷かれてありました。
というのも、私たちのみの宿泊だったため、晩御飯と朝ごはんのお部屋がそれぞれ用意されていたんです。
(晩も朝も部屋食で、わん同伴OKでした)



穴ぐら大好きトロちゃんは、こんな風にかくれんぼして遊んでいました。
ひら3



こちらには18歳になるミックス犬がいるそうなんですが、わんこが苦手とのことで近づきませんでした。




大浴場は温泉なのです
無臭無色のお湯。
さらさらとした感じのナトリウム炭酸水素温泉でした。

露天風呂というか、海を見ながら寝そべり湯というものが作られてあり、趣がありましたヨ!
さすがに寝そべりはしませんでしたが、十分満喫させていただきました。



なんといってもお楽しみは晩御飯ですよ~。
わくわく わくわく わくわく~  



覚悟はいいですか~行きますよっ


ひら7
酢の物や鯛の荒煮、赤貝の煮つけ、お刺身、クルマエビの炊いたやつとか~


ひら6
活きてるクルマエビの踊り食い(生きたまま殻をむくのは残酷すぎてかわいそうなので、ムリでした)

hira
女将さんに活クルマエビを託して、牡蠣とともに焼いてもらいました。


有明海の養殖牡蠣、めちゃくちゃ美味しかったです!
もちろんエビもプーリプリ(残酷とか言っておいて、結局食べるんかーい




名物、脱皮かにの天麩羅
ひら5
殻ごと食べられる蟹で、塩加減も抜群でめっちゃめっちゃ めーーーっちゃ美味しい!!!!
数日前に追加注文したんやけど、大正解やったよ~



やっとこさ、メインの竹崎カニに突入~!
ひら4



hira2
甲羅をめくってみると、卵がぎっしり!
美味しすぎる・・・・・ボーっとしちゃうほど

脚の部分にも身がぎっしり詰まっていて、本当に美味しかったです。

写真に撮りきれていないおかずもあったと思います。
このあと白いご飯とお味噌汁をいただいて、満足満足~っ





ありがとう、ほんとに。
ハナトロのおかげでこんなに美味しいものをいただけました。
感謝感謝です。





今夜も夜10時には就寝して~


hira3
雲っていますが早朝6時の景色です。


太良港を散策する花ちゃん
ひら8


ひら9
たたずむトロ・・・・『ハラヘッタ、朝ごはんまだ?』と考えております(たぶん)



お宿に戻って朝ごはん
ひら10
貝柱の炊き込みご飯・サバの焼いたん・生サクラエビ(かな?)の小鉢、甘目のお味噌で作った浅利汁



九州らしくお味噌汁が甘目でしたが、それはそれで美味しいなあとなりました。
でも大阪帰ってきた早朝、我が家のお味噌汁を恋しがって飲んだパパでしたヨ。





お次は雲仙普賢岳・雲仙温泉あたりウロウロしにいきますよ~

















関連記事
スポンサーサイト

back-to-top