2014
12.07

日本料理 高松 

Category: 京都
紅葉が終わった京都に行ってみた特別な目的は~


日本料理 高松 さんでお食事をすること  なんです


高松1
四条からちょっと入った膏薬の辻子(こうやくのずし)というトコ、らしいです。
スマホで確認したから、迷わず到着

うわ~京都らしい趣のある通りだなあ。
にぎやかな四条のすぐそばなのに、全然雰囲気ちがーう。


高松2

お店に入るとお出汁のよい香りが~!期待できます


京都ご出身のまじめそうなご主人と清楚でしっかり美人のおかみさん、二人で切り盛りされています。

私たちはカウンター席でしたので、ご主人の仕事ぶりを間近で拝見することができました。





お料理は8000円のコース料理となります。
(写真撮影とブログ掲載の許可をいただきました)


高松3
おこげにカニのあんかけ 食前酒がついてきます。
生姜の風味が良いアクセント
しっかりめのお味です、美味しい~。


ご主人によりますと、観光客向けに薄味にしているお店もあるけれど、京都人は濃い味を好むのでそのままの京都を表現されているそうです。
高松4


続きまして、椀物
高松5
薄く切った大根で、中身が見えそうで見えないニクイ演出~

めくる楽しみ
高松6
白子饅頭がぷりぷり、お出汁もしっかり。

おかみさんが料理の説明をしてくださってたんですが、写真撮るのに夢中で・・・うろ覚えなんで間違ってるかもです


お造り
高松7
ブリとカマス。カマスの皮は炙ってあってパリっとした食感が良かったです。
カボチャを細切りにしたツマや、四角に切られた大葉、お刺身と一緒に戴きました。


八寸
高松8
くるみのかりんとう・カステラ・・・甘いモノもありーの、クルマエビ・ローストビーフ・牡蠣のくんせい・里芋・ブリのお寿司などなど。メモとっとけば良かったよ
控えめなご主人は『八寸は本当に手間がかかるけど、お客様に喜んでもらいたくて頑張ってます』とのこと。

全部美味しかったけど、特に牡蠣の燻製とお寿司をお替わりしたかった!
くるみのかりんとうは、甘かったけど軽い口当たりでお酒のアテにもなりました~。




焼き物
高松9
ただのブリの塩焼き、ではなく、飛騨地方の料理方法を応用した焼き物です。
説明聞いたけど、うまく表現できない~。
ブリの表面のやや下に塩を感じる、という絶妙な加減なんです。
大根おろしが添えてありましたが、私は一緒に食べずに独特の塩加減を満喫しました。

添えてあるズイキの甘酢漬けが口をさっぱりしてくれます。
ゆべし、も珍しいですね。



大根とほうれん草の炊き合わせ
高松10
柚子と唐辛子がのっています、ピリっと辛くて汗が出てきた~っ
お出汁がしっかり、面取りされた大根に染み込んでました。



リクエストしていた牡蠣ごはん(4人前)
高松11
こちらも牡蠣の風味がしっかりしています。美味しいですっ
食べ切れない分はお持ち帰り用に包んでくれますよ


自家製ぬか漬けのお漬物と赤だしと共に。
高松13



炊き込みご飯は、季節によってバリエーション豊かに変化をもたせているそうです。
鴨とネギごはんや鯛ごはん、きのこご飯など。
まだまだレパートリーを増やしていきたいとおっしゃっていました。楽しみですね!


おなかいーっぱい!!!!大満足~っ
あ、おデザがあったんでした。

高松12
りんごのゼリー寄せ(かな?)
しゃきしゃき感を残したリンゴが甘すぎず。
お腹いっぱいでもサラッといただけます(嬉しいです)
素揚げのサツマイモもカリカリと心地よい。



3時間ちかくかけてゆっくりと頂いたお料理に大満足。

貧乏人の私たちにはとても高価なお食事でしたが、たまにはいいね~

ハナトロ連れていけないから、ちょっとさみしかったケド・・・・。


鯛ごはんがかなーーーっり気になったので、また京都に遊びにいった際にはお邪魔しようと思います。


高松14



スポンサーサイト

back-to-top