2011
10.01

怖い車

Category: 未分類
今日、瀞坊が車にひかれそうになりました

その車はプリウス



道路で花がうんちをしたので、プリウスが通り過ぎるのを待って、うんちを取っていたのです。


うんちを取り終えてふと気づくと、通り過ぎたはずのプリウスがバックしてたのです


瀞のすぐ近くにタイヤが来ていました(私の腰付近にトランクが迫っていた)


血の気がひきました・・・・

もう少し車がさがっていたら、瀞はひかれていました






健常者なワタクシ、目は悪いですが、耳はずいぶんと良いです

なのに、ほんまに音がわからなかったのです




後方確認していない、大馬鹿で頭が超悪いドライバーもドライバー。

静かすぎて危ないといわれているハイブリッドカー。



健常者でもこのレベルなのに、耳や目が不自由な人ならどんなに怖い思いをするでしょうか。




家に帰り、恐怖から怒りへと変わっていったとき、

母が「『バックしますご注意ください、ピピーッピピーッ』っていう音、なんで鳴らさないのかな」って言いだし、母にあれはトラックだから鳴ってるんであって、フツーの乗用車にはついていないんだよっと説明しているうちに、力が抜けてきました。


ほんまに瀞になにもなくてよかった。
瀞が歩けなくなったらどうしよう、ほんまに良かったって何度も何度も思いました。



旦那には「ドライバーに怒鳴ってやったん?」と言われましたが、プリウスという車に対して恐怖しかなく、その場からハナトロを早く安全な場所へ連れて行きたかったのです(泣)




あ・・・そーいや思い出したわ、無意識に怒鳴ったわ。


工事現場で作業してるおっちゃんが気づいたくらい、でかい声で「あなた、何なさるの!」と。


これを大阪弁に変換しますと・・・

「てめーなにしとんじゃコラー!」

*注 わが子を守るためです。正当防衛の叫び~!






実はプリウスで怖い思いをしたのは二回目。


後ろから来ているのに気付かなかったの、全く。

赤ちゃんのときの花をつれていたから、本当に注意深く歩いていたのに。
(道路の端っこを歩いていて、突然ワタシの右横をプリウスが音もなく通ったのでゾゾーっとしたのです)



あの車は忍者みたいだね、ニンニン。








みなさま、車には注意しましょう。


















関連記事
スポンサーサイト

back-to-top