2013
05.24

そういえば、いつもこの時期だった・・・

Category: 瀞しゃん
カイカイの瀞しゃん

とろしゃん 関係ないけど瀞って鼻高い方だと思います



比較的マシな日もあれば、夜中ずっと掻いている日もあり・・・


パジャマを着せ、エリザベスをし、というのがかわいそうで




最近はエリザベスをしてなくても、足を舐めることがなくなりました。
(足舐めはデキモンのせいだったかもね)




で、ふと思い出しました。


瀞が生後9か月の頃、突然ポリポリと掻きだし病院に行ったことを。

去年の4月くらい、かゆかゆがひどくなり、病院に行ったことを。

そして今年、4月下旬にかゆかゆがひどくなってきたことを。



毎年、4月~5月にかけて、ですやん!!! キヅクノオソスギ


もしかして・・・緑地の?!



あわてて、アレルギー検査の結果を引っ張り出して見てみました。


あれ?草アレルギーに陽性はないなあ
(ブタクサ・アキノキリンソウ・タンポポ・フランス菊 *ヨモギは要注意らしい)


もしかしたら、緑地の芝生に生えている他の草に反応してるのかなあ・・・シロツメクサとか???


とりあえず草を写真に収めて、自称『野草博士』の父に何の草か確認してもらおう






お散歩も草を避けて、涼しい時間に道路を行くことにしよう
念のため、帰宅後はシャワーで足とお腹をきれいに流そう。

瀞はドライヤーさせてくれるから、楽なのだ(おやつで釣ってるけど)





花が芝生が好きなので、その場合、瀞はカートに乗せていくことにしよう。
花に我慢ばかりさせるのも、かわいそうだしね。





それでこのカユカユが治まるならラッキー




学校の、アジリティレッスン広場とフライボールレッスン広場も草がないか確認しに行こう
(生えていたような、無かったような・・・あいまい





タイヘンだけどかゆかゆがなくなる日まで、一個一個探ってみます


















関連記事
スポンサーサイト

back-to-top