2012
07.26

病理検査の結果

Category: 肥満細胞腫
花の両腕、アゴ、脇から切除した肥満細胞腫。

病理検査での結果は「グレード2」でした。

グレード1を切望していたけど・・・




検査結果の紙には医学用語が並び、チンプンカンプン。

院長先生は「ここらへん(医学用語)は飛ばして、ここから読んで」と。

そこには

『癌細胞は完全に切除されています。
パグの肥満細胞腫は軽症が多く予後は良好である。しかし多発する可能性があるので観察を怠らないこと』



院長先生「完全に切除されたし、このあとの癌治療はなにもナシだよ」

副院長先生「グレード2でホッとしました。転移もないし、この子は長生きできますよ」

腫瘍を得意とする女医先生「良かったねえ、花ちゃん」


先生たちにそういわれて、やっと安心できました。






花も右足は、あと数ミリで皮膚がくっつきそうです。

全力疾走しますし、瀞とかけっこもできるようになりました。


この1か月半というもの、とても長く、とてもつらく。


でも皆さんの励ましのコメントやメールで頑張れました。

お礼申し上げます。






関連記事
スポンサーサイト

back-to-top