2012
06.14

セカンドオピニオン

Category: 肥満細胞腫
皆様、励ましのコメントや体験談など、いろいろありがとうございます!

長文です、スイマセン。





セカンドオピニオンに行ってきました。



高速飛ばして30分のところにある病院です。

ココは、花が避妊手術を受けた病院。
(ついでに瀞のおもちゃ誤飲除去と去勢もココ、その時のブログ→瀞の誤飲誤飲、取れた



内視鏡・腹腔鏡を得意とする先生なのですが、設備やパグにとって怖い麻酔のことなど、私にとって信頼のおける病院だと思っています。



***


院長先生「左足からは肥満細胞腫が出てますね。手術せなね」



やっぱり、癌なのですね、ショック・・・




院長先生の説明をまとめるとこんな感じ

・切除するのがイチバン!

・こんなに小さいデキモノでも広範囲にわたって切除したいところだが、前足なのでなるべく切りたくない

・専門機関に細胞を詳しく調べてもらい、この細胞がどんだけの奴なのか知ろう(グレード・ステージ)

・それによって3cm切るところを1cmで済むかもしれない

・切る範囲によっては、皮膚移植になるかもしれない

・術後は見た目が、かなりかわいそうになる、が、次第に良くなるって言ったような?

・細胞は深層部にある筋肉に入っていかないので大丈夫だが、念のため、少し筋肉を削ぐであろう

・早期発見できて良かったね





そして、私が一番心配していた「走る」ことについて聞いてみたところ、


「走れますよ!アジリティもできるよ!」


それを聞いて、うれしくてうれしくて泣いてしまいました。

よかった・・・走るのが命の花ちゃん。




で、先生、術後どれくらいで走れますか?

私の心の声=半年とか1年とか、かかるんちゃうん?









「早くて・・・一週間!」





へっ? そんなに早く回復するの?!


すごい、犬の回復力って驚異的!!!


びっくりしすぎて、流した涙が乾燥しましたよ、エヘへ。


傷のなおりが悪かったら、1か月ほどかかるときもあるそうですが。






先生、あさって花ちゃんアジリティレッスン行っていいですか!?


先生「いいよ~

行くんかい!みたいな感じだったけど・・・室内やし無理ない範囲で


***

というわけで、怖い怖い癌だけど、きちんと治療すれば大丈夫みたい。

今は、細胞のグレードとステージが一番レベルの低いやつでありますように、そして、転移がありませんようにと願うばかりです。

10日ほどで結果がわかるので、それから手術となります。


念のため、抗ヒスタミン(だったかな?)というお薬をもらいました。


注:右足は肥満細胞腫か微妙らしいです。これも専門機関で調べてもらいます。











何もされなかったけど診察台で震えていた花ちゃん。


いつもココの病院にきたときは、スベシャルご褒美があるのです!


待ってる

病院のすぐ裏にある、サーティーワンアイスクリーム


はなとろパパが買いにいってます。

まだなの?





フレーバーは、あなたの大好物の大納言あずきだぜ!
うまっ おいち!

花に少し、ほとんどがパパ、アイスが苦手な私は美味しそうに食べる花を見守ります




細胞のステージとグレードが悪かったらどうしよう、もし転移していたら、そして術後また再発したら・・

それを思うと本当に辛くて辛くて、吐きそうになります。

ぐるぐる頭を回って、大丈夫!って思ったり、どうしようって思ったり、浮いたり沈んだり。

家族には気晴らしにテニススクールに行ってこいと言われたけど、精神的にちょっと無理。





まだまだ若い2歳半の花ちゃん。

どうか、これっきりにしてほしい、お願いします肥満細胞腫さん、もう来ないでください。
てか、出入り禁止


天国のルイもお願いしてね。











関連記事
スポンサーサイト

back-to-top