2012
02.29

原因不明、でも治ったみたい

Category: 怪我・病気
瀞の嘔吐の続き


夕方、病院から電話があって

「瀞ちゃん、元気がもどりました、ケージから出せ出せーっと吠えています

あと1時間様子を見るので、6時に迎えにきてください」


よかっっったああああああ!!!!



とろ
一命を取り戻し、元気に帰宅した瀞。
まぶたの腫れも治まり、食欲はマックスです!
ちょっとまだしんどそうですが。


とろがむ
ご飯は少しだけしか食べられないので、変わりにガムを噛む瀞。
点滴のために剃られた前足が、なんだかかわいそう。




ものすごく点滴をされたようで、瀞の体はブヨブヨです。

オシッコの量がハンパない!


ハナトロパパも早く帰宅してくれました。今までにないお早い帰宅ですっ






で、診断結果ですが・・・

原因不明。。。


血液検査も問題なく、レントゲンも正常。

病院に駆け込んでから、私は1時間治療を見守り、預けて帰ったのですが、その後2回吐いたそうです。

それから1時間後に突然元気を取り戻し、ギャン鳴きしてたそうです。


何が悪かったのか、瀞の体に何が起きたのか、今後なにを気を付ければよいのか、なんにもわからない。



だけど瀞を連れて帰宅後、ごはんの用意をしていたらいつものように
「くれーくれー、飯くれー、はよくれー!!!」と要求吠えが始まりました。

この声、いつもなら「うるさいなあ、静かに待てないの?」と怒るのですが、
今日はすごくうれしかったです。
ああ、お腹空いたのね、ちょっと待ってね、瀞坊、元気になったのね、うれしい。




思えば、去年秋のBD杯から、ずっとずっと瀞は病院にお世話になってるなあ。

もう病院は嫌だよ。



皆様、本当にご心配おかけしました。
瀞はもう大丈夫です。
関連記事
スポンサーサイト

back-to-top