2012
02.29

なにがあったの?

Category: 怪我・病気
瀞が朝、突然の嘔吐。

そのあと、意識を失うようにふらふらになり、あわてて病院へ。


病院へは走って2分くらいなのですが、すごく遠く感じました。


血圧が低下して、体温も低い、心拍数も低下しています。

すべてが低すぎて、採血もできない状態。

はぐきと耳の内側は真っ白です。



何が起きたの?なんで?私のかわいいかわいい瀞坊を助けてください。


なんとか血管を確保、すぐに点滴、血圧上昇の注射、ヒーターやタオルで体を温めて・・・



息も小さく、もう、心配で心配で。


意識もなんだか混濁してるようで、ウンチをもらしてしまいました。


30分くらいたって、やっと息がふつうになってきて、血圧も上がってきたとのこと。
瞳孔も反応するようになってきました。
でもしんどそうに伏せしています。


血液検査で肝機能・腎機能・白血球・すべて異常なし。



獣医さんに「なにか食べましたか?毒性のものとか、虫にさされたとか?こんなに急激なのはアナフィラキシーショックとしか考えられない」といわれましたが、何も思い当りません。



でも昨日の散歩のあとに嘔吐して、夜になってまぶたが腫れているような感じがしました。

今朝は目をこすって、やはりまぶたが腫れている・・・


獣医さん「何かのアレルギーかな?うーん・・・」


昨日のお散歩は、芝生で遊んだあと久しぶりに風車まで上がりました。
植木にお薬をまく、と張り紙してたけどそれは先月の話やし・・・



お散歩中になにか拾い食いしたのかな。
おもちゃを飲み込んでからは、特に気を付けるようにしているのですが。



犬は嘔吐すると、ケロッとしているときと、ショック状態になるときと二通りあるそうです。

今まで瀞は何回も吐いていますが、ケロ!でした。

愛犬ルイ(パグ享年13歳)のときも、花も、こんな状態になることなかったです。




今は点滴を継続させているので、夕方まで病院に預けています。

体調が戻っていれば帰宅できるのです。


来週予定していた伊勢志摩旅行はキャンセルしました。

瀞が元気になったら行こう。いつでも行けるよ!


わがままでも怒りん坊でもいいから、瀞、はやく笑顔を見せて。


ああ、なんか文章が支離滅裂ですね。

やっと瀞の手術が終わって、元気元気!と一安心したところだったので、気落ちしています。

瀞ばっかり、なんでなの?

私がしっかりしないとね。


瀞は笑顔で、私のお迎えを待ってるに違いない。

そしてお腹空いた!はよくれー!っと要求吠えしてほしい。













関連記事
スポンサーサイト

back-to-top