--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
02.26

診断結果

Category: 怪我・病気
花の目を診断してもらうために、セカンドオピニオンを受けました。

ファーブル動物医療センターの眼科です。



清潔な病院で、人間は玄関でお靴を脱ぐんですの。

スリッパに履き替えるんですよ~、動物病院では初めてですね。

ワンコの足を拭くタオルはあったような無かったような・・・。


***

まず、看護師さんに花を預けて、いろいろ検査をしてもらいました。

そのあと、先生に呼ばれて結果を聞きました。



まず言われたのが「花ちゃんの目の状態に、よく気づきましたね。このレベルで気づかれる飼い主さんはあまりいませんよ」

・・・褒められちゃいました。


花の目は、目頭が内側に入ってるというか、反転してるというか、毛が常に目のなかに入っているらしいです。

でもパグなら90%の子が、こんな目をしてるそーです。

色素沈着もメヤニも、それに対する防御反応なので、変に目薬をさしたり毛を抜いたりしちゃうと、よけいに悪くなるんだって。

なので、花の場合は『様子見』になりました。


次は三か月後に診てもらって、色素沈着の範囲が広がっていないかをチェックするそうです。

その後、半年後、一年後、と観察期間を伸ばしていけるか、はたまた治療に踏み切るか、を判断するそうです。


花の目は今んとこ、視力障害も起こしてないし、炎症もしていない、きれいなかわいい目をしていると言われ、一安心しました。

検査でもおとなしく診させてくれましたよ、と先生はやさしくおっしゃいました。




ルカでも目の専門医に診てもらいましたが(瀞を)、目の専門医って・・・・

診察代けっこうお高めね。


やはり、ここの病院でも診察代は5000円でした(+検査代で合計1万円)


犬の専門医ってまだまだ少ないし、仕方ないのかな。

目ってすごく診断難しいんですって。

近所に有名な先生がいらっしゃるだけでも、ラッキーと思おう、と思いました。


こちらの質問にすべて答えていただける、やさしい先生です。
的確な診断をしていただいて、本当に安心しました。







関連記事
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。