2012
02.19

抜糸、まだまだ傷は深く

Category: 怪我・病気
今日は瀞の抜糸の日でした。

去勢手術の傷はちゃんと治っていて、抜糸もOK。

だけど、親指の傷は治りが遅いようです。




皮膚が薄いし、よく動かす場所だから、だそうです。

縫ったところはまだまだバックリ開いていますが、あえて抜糸をして皮膚を再生させるそうです。

瀞ちゃんには自力で治していってもらいましょー。




乾燥させてはいけないそうなので、ずっと軟膏を塗ってお散歩も控えめ。

アスファルトをちょっとだけ歩くくらいにしといてね、って言われました。

あーハシリンコの花とは別々に散歩させなきゃ。。しばらくタイヘンやわ。





関連記事
スポンサーサイト

back-to-top