2016
04.12

呉・しまなみ・四国の旅☆その7

Category: 広島・四国
呉観光→☆その1

しまなみ海道のお宿→☆その2

しまなみ観光と道後・松山観光→☆その3

南道後温泉の宿→☆その4

讃岐うどんと金毘羅さん→☆その5

屋島の宿→☆その6




桃太郎さんを出発して、屋島をくるりと観光


ますは屋島寺
屋島1
朝からお遍路さんがたくさん来られててビックリ。
皆さん熱心にお参りされてました。



たぬきがイメージキャラクター???
屋島2


とっても広いお寺でして、ハナトロは抱っこしてて重かったので少しだけ見学しました。





屋島は源氏と平氏の戦いの場所なんですよね。

血の池と呼ばれている池
屋島3
橋の真ん中にハナトロイマス。

壇ノ浦の戦いのときに、武士が血の付いた刀を洗ったと言われている池なんですって。



お散歩がてら、てくてく歩きました。
屋島4





ではお次の観光地へ~。

高松から高速で2時間あまり走って


祖谷のかずら橋にやってきました。
かずら1


ハナトロを抱っこして渡ってみましょう!怖いけど。




渡ろうとしたけど、けっこう隙間があってめちゃめちゃ怖すぎる。
隙間に足が挟まって、間違いなく靴が奈落の底に落ちていくと思う。
いや、靴どころか、足も挟まって怪我するかもしんない。


運が悪ければ体ごと落ちるかも。


ハナトロを置いてまだ死ねない・・・・。




私は途中で断念しました、おそろしや。





パパは花を抱っこ、ケージに入ったトロを肩にかけてスッススッスと進んでいきます。
かずら2


トロはケージの中だからわかんなかったみたいだけど、抱っこされてた花は橋の隙間から高さを感じていたようで
渡りきって私に抱っこされたとき、体がすっごい固まってました。
怖かったね、ごめんよ~





かずら橋の下に降りれるようです。
パパがどうしても降りたい、というので来ましたが
花はもう行きたくないと完全に拒否し、トロだけ降りましたが・・・

かずら3

パパのわがままに付き合わされて、トロがかわいそうでした。



大歩危小歩危(おおぼけこぼけ)を通ったので、写真だけ
かずら4



たっぷり堪能した旅でした。おしまい。
徳島ー淡路島を通って大阪に帰りました


次はどこ行こうかな


スポンサーサイト

2016
04.07

呉・しまなみ・四国の旅☆その6

Category: 広島・四国
呉観光→☆その1

しまなみ海道のお宿→☆その2

しまなみ観光と道後・松山観光→☆その3

南道後温泉の宿→☆その4

讃岐うどんと金毘羅さん→☆その5








3泊目のお宿は高松市屋島にある屋島の宿 桃太郎さんです

桃太郎3
屋島ドライブウエイを上がってきた頂上にあるお宿で、夕焼けがとてもきれい。
お宿も真っ赤に染まっております。
(ちなみにドライブウエイ入り口で通行料を支払いますが、宿で返金してもらえます)





築年数はかなりのもの。


昔はたくさんの部屋数を誇っていたようですが、現在は3部屋のみ。
そのうち2部屋はとっても広くてきれいな和洋室にリノベーションされ、残る1部屋は和室です。
廊下などは古いときのままですが、共同の洗面所や洋式トイレはめっちゃキレイです
(部屋にも和式トイレ・洗面所はありますヨ)



ハナトロは和室に泊まりましたよ~
桃太郎18
12畳あるし、広くてきれいです。


晩御飯は7時から。
それまで夕焼けを楽しみました
桃太郎4
なんだか上手に撮れてないけど、もっとキレイやったよ


ちょっと雲が多いかな?
桃太郎5



花ちゃんも真っ赤だよ
桃太郎2
トロは部屋から出たくないらしく、来てくれませんでした。





お風呂なんですけど
お値段が1番高いお部屋は、風呂付きの部屋なんです。
2番目のお部屋と、和室にはお風呂がありません。
なので1階にそれぞれの部屋専用貸切風呂があって、部屋に付いている自動湯沸しパネルでお風呂にお湯をためて入りに行くという面白いシステムになってます。



温泉じゃないけど、自分たちの専用風呂ですので気兼ねなく何回でも入れるので良かったです








晩御飯は別室でいただきます。もちろんハナトロも一緒に
桃太郎7
屋島名物 源平焼き
塩を下に敷いて蒸し焼きになってます。
その塩を振って食べたら、鯛の身がふわっふわで美味しい~っ


桃太郎6
ハナトロにはササミのホイル焼きも入ってましたヨ




季節感たっぷりな前菜
桃太郎8






お造りの手前にある白いのは、鯛の白子
桃太郎9
初めて食べたけど、とろ~んとして臭みもまったくなくめっちゃ美味しかった!




蒸し野菜
桃太郎10
オリーブオイルとお味噌を和させたソースでいただきます。
が、源平焼きのお塩で食べたらシンプルでこっちの方が美味しかったんだよな~。

この塩、旨いなあ・・・特別なもんなのかな?っとスタッフに聞いてみたら
『フツーの荒塩なんですけど、継ぎ足し使っているので鯛のエキスが染み込んでいる』らしーです!

へぇーって驚いていると、『お持ち帰りされますか?』っと。

金額を聞いてみたら、『サービスですので、どうぞどうぞ』と持って帰る容器まで頂いちゃって。
お言葉に甘えてたっぷり貰っちゃいました。




なんとかフグの焼いたもの、酢味噌で。
桃太郎10
酢味噌も美味しいんだけど、またまた源平焼きのお塩とお造りに付いていたレモンでさっぱり頂きました。




桃太郎11
鯛のすり身を包んだ桜餅風の蒸し物。
ちょっと甘目の白みそ風のお出汁と桜餅の風味。
コレ、すっごい春らしくて美味しかった~っ



後は白いご飯とおすましをいただいて




この頃には花ちゃんは夢の中(鼻水垂れてますよ、姫!)
桃太郎12
6歳になった花ちゃん、ぽつぽつと白い毛が目立つようになってきましたねえ。



デザートは後でお部屋に持ってきてくれます
桃太郎13
3つもあるよ~っ甘いモノは全く得意でないのですが頑張って食レポ
すっごい甘いのと、とってもちべたいのと、フルーツ!(笑)

パパ談『プリンかと思うやつは、中に苺ゼリーみたいなのが入っていて上に甘いソースがかかってるよ。
味が合わさって甘酸っぱくなって美味しいよ。』だそうです




  





朝から貸切風呂で温まったあと、朝ごはん


一階のお食事処でいただきます、もちろんハナトロも一緒
桃太郎14



桃太郎16
目ヤニいっぱい溜めて、寝ぼけ顔のトロ






打ち立ての讃岐うどん
桃太郎14
おおお、めちゃ腰があって美味しい~ツルッと入っちゃう






桃太郎15
純和食。朝からこんなに豪華だなんて~!

ご飯2杯食べちゃいました・・・







最初は私たちだけだったけど、しばらくして他の部屋の方もお見えになって隣りのテーブルに座ったとたん
桃太郎17
トロはお隣にラブビーム

いやしんぼのトロ、ハズカシイからヤメテ!



本当に素敵なお宿でした、また来たいっ


せっかくなので屋島観光に参りましょう~


☆その7に続く



















2016
04.04

呉・しまなみ・四国の旅☆その5

Category: 広島・四国
呉観光→☆その1

しまなみ海道のお宿→☆その2

しまなみ観光と道後・松山観光→☆その3

南道後温泉の宿→☆その4







3日目は香川へ移動
やっぱ香川といえば、うどんやんね~。


素敵なお庭でハナトロも一緒に食べることができる『うどん本陣 山田屋』さん

ここは超有名店でして、すでに行列が・・・
うどん1




『わんこが居るんですケド・・・』と聞いてみたら、テラス席にすぐ通されました。
あれれ?

うどん4


お座敷やテーブル席に行列が出来てるみたい。
でも暖かかったから、テラスでも何の問題もないよ~。
待ち時間ナイからラッキーでした



うどん2
ぶっかけうどん、プラス卵黄
天かす、薬味、いろいろ混ぜて、ホントに美味しいよっ
うどんだけじゃ足りないかなっと思ったけど、お腹いっぱいになりました。


うどん3
ぶっかけ大盛り


ツヤツヤの讃岐うどん、お出汁も美味しい




では、金毘羅さんに向かいまーす


こんぴら1
お土産屋さんが並んでるとこを通って


こんぴら3




785段ある階段を上がっていきますよっ!
こんぴら2
道後の神社んときと同じように、たったたったと上がっていくトロ。


こんぴら4
結構 急なんだよねえ


ちょっと休憩(人間が) 花ちゃんは平気だそうです。
こんぴら5



階段登ってるときも、こうやって休憩しているときも『パグちゃんかわいい』ってすごく声を掛けてもらいました。

写真撮ってもいいですか?なでてもいいですか?本当にたくさんの方にかわいがってもらいました。

パグって人間を笑顔にする不思議な魅力がありますね。


あ、そうそう、レベルの高いパグマニアの女性が花を見て
『めちゃ美人!』って


やっぱりやっぱり~???
花はパグ界のスーパーモデルですから(スイマセン、完全なバカ親です)


  





682段目の旭社まで登ってきました。
まだ先はあるけど、ここまでで充分かな~ということで、降ります。
こんぴら6
階段を降ろすのは足腰に負担があるので、トロはスリングに。


花ちゃんはパパが抱っこで。
こんぴら7



行きはよいよい、帰りはツライ(人間が)

スリングに入ってるとはいえ、8キロのトロは重くて紐が肩が食い込むし、
花を抱っこするパパも腕がだるくてヒーヒー言ってました。


下まで降ろしたときは、二人とも『はあ~やっと解放された』って言いましたよ(笑)




とっても疲れちゃったので、お宿に向かいまーす。
屋島の宿 桃太郎さんです
桃太郎3

こーんなにきれいな夕日が見られるお宿
桃太郎5




その6に続く





2016
04.03

呉・しまなみ・四国の旅☆その4

Category: 広島・四国
呉観光→☆その1

しまなみ海道のお宿→☆その2

しまなみ観光と道後・松山観光→☆その3



2日目のお宿は、南道後温泉ていれぎ館さんです。
ていれぎ2+



わんこOKのお部屋。
ていれぎ1
ビジネスホテルよりずっとずっと広くて、ゆったりできますよ~。
ロビーから廊下、お部屋まで、わんこはリードを付けて歩かせてOKだそうです。
ただね・・・ダブルベッドなんですよ。
普段は自分だけの布団で一人ゆっくり寝ているので、パパと1枚の布団で寝ることがすっごいストレスでした。
ハナトロに眠りの邪魔されてもなんとも思わないのにねえ

しかし朝起きると、いつの間にか私が布団を占領、パパは上のカバーだけで寒い寒いと言いながら寝ていました。

今度泊まることがあったら、マイ毛布持っていこう・・・。




トイレ・洗面とお風呂はもちろんセパレート。
お風呂は広いユニットバスでして、お湯をひねると黄色っぽい温泉が出てきたよ
部屋中、硫黄の香りが漂ってます

ていれぎ2
カメラのレンズ雲っちゃった・・・。
とってもいいお湯でした 




晩御飯が付いていないプランなので、スーパーでお惣菜を購入。あ、ビールも
そしてメインディッシュは、『のり庵』さんの骨付き鶏をお持ち帰り~


ていれぎ3
なんで親鶏だけ切ってあるのかなーっと思ったら、めちゃ歯ごたえ!顎疲れるくらい。
でも噛めば噛むほど旨味が出てきて、コレおいしい~っ

若鶏は柔らかくジューシーで、食べやすさは抜群でした。

そして塩味とタレ味と両方買ったんですケド、塩味は絶妙なスパイスでビールがとってもススミマス!
タレ味は白いご飯と合う、少し甘目のコクのある味でした。
どちらも本当に美味しくて、ビックリしたよ~



ハナトロの晩御飯は豚肉にしました。
tereidi
スーパーでモモ薄切り肉を買ってきて、ジップロックの袋に空気が入らないようお肉を入れ、部屋のポットでお湯を沸かしてジップロック入りお肉を入れたタッパーに、お湯を注いで蓋をして10分ほど放置しておけば、簡単に茹で豚のできあがり~。

後片付けも簡単だし、何よりハナトロにとっても好評でした




    


宿のサービスで、簡単な朝ごはんが付いています。
有料で和食や洋食の朝ごはんもあるんだけど、コレで充分です
teiregi

パン、コーヒー、ゆで卵、果物、ヨーグルト
パンがデニッシュ生地。サクサクで美味しかったよ。




チェックアウトして、次の目的地、香川へ行きましょう
香川、と言えば、うどん!!!
人気のうどん屋さんへGO~。











2016
04.01

呉・しまなみ・四国の旅☆その3

Category: 広島・四国
呉の記事はこちら☆その1

1日目の宿の記事はこちら☆その2




今回ちょっと記事が長いです、お付き合いくださいマセ






大三島の富士見園さんをしゅっぱーつ
宿のおじさんに教えてもらった絶景スポットに寄ることにしました

大三島→伯方島(伯方の塩のとこ)→大島で高速を一旦降りまして
しまなみ1

車でだいぶ上がってきました


しまなみ3
おおおお~っ  素晴らしい景色!

ちょっとかすんでるけど、お天気で良かったわあ



花ちゃんは高いところが苦手かな~
しまなみ2
こんなに素敵な景色なのにねえ・・・



ゆっくり堪能したあとは道後温泉へ

あ、松山のスーパーパグ、らいちゃんと会えたらと思って連絡してみたけど、
この日はJKC高知のアジリティにエントリーしてるから無理だったんです、残念
また競技会でお会いしたいです。
(競技会といってもこっちはミニアジだけど~、トロが30cm飛べないからね)





道後1
からくり時計

道後5
坊ちゃん列車



ここから道後温泉まで商店街の中を通りますよ~
道後3


お、さっそくお友達できたみたい!
道後2


道後4
道後温泉 趣あるな~。

ハナトロを連れているので入浴はしませんでした
建物をみるだけでも価値がありますよね!








道後温泉からほど近い伊佐爾波神社(いさにわじんじゃ)
道後6
す・・・すんげー階段やん。
ハナトロ、ちょっとづつ上がってみようか。


なーんて悠長に思ってたのに





ぎょえーハナトロ一気に登っていく~っ
リード付いてるから、必然的に私も一気に登る羽目に

道後7

ぜえぜえ、あんたらちょっとは加減しーよ。
足ぱんぱんになってしもたやんか

登るだけ登って、境内の中には入りませんでした。
もうハナトロを抱っこする体力残ってねーわ。





道後公園までぷらぷら歩いて、うんちとちっちを済ませました
道後8
桜はほんの少し咲いてたよ、出店もあって楽しそうでした。






それでは、松山城にいきましょーー


大街道という商店街の近くに車を停めて
道後19
ハナトロのお昼ご飯に松山名物 労研饅頭を買いました。


道後9




道後10
さつまいものお饅頭と



道後11
かぼちゃのお饅頭



道後12
おいしいでしゅか~?花ちゃんも待ちきれないね!


花ちゃんはさつまいもとかぼちゃ、どっちが美味しかった?
道後13
どっちも気に入ったみたいね



人間様のお昼ご飯は、ちょっと奮発してうな丼をテイクアウト
道後20

外で食べると一層うまい!
道後14



松山城の前まで来ましたよ~。
道後15

天守閣、抱っこならハナトロも入れるらしいんですけど重いのでやめときました


道後16
桜も咲いてたよ


みかんソフトクリームも食べちゃって
道後17


松山を堪能しました~


この松山城って、徒歩で登るか、ロープウエイで登るか、リフトで登るか、なんですけど
花はリフトで、トロはロープウエイにするつもりだったけど、わんこを乗せるときはお客さんの許可を取らないといけないらしく。

この日は土曜日だったのでロープウエイはぎゅうぎゅうの満員でした。
トロを乗せるの無理っぽい・・・

抱っこ中に暴れることが多いトロとリフトに乗るのは、とても怖かったよ~

道後18
珍しく大人しく抱っこされてたトロ。生きた心地がしなかったよ。




再び大街道商店街に戻って、しぼりたてみかんジュースを飲みました
道後21

道後22
甘酸っぱくて美味しかった~。リフトでヒヤヒヤしたしね、余計うまく感じるわい。



今夜のお宿は晩御飯が付いていないので、食材を調達してホテルへ向かいましょう。


ここに泊まりますよーん
ていれぎ館さんです。
ていれぎ2+





☆その4につづく












back-to-top