2015
04.10

九州旅行☆その9

これまでの旅行記 
        福岡うきは市筑後川温泉の記事はコチラ→その1
        鍋ケ滝とムツゴロウの記事はコチラ→その2
        佐賀 太良町のお宿の記事はコチラ→その3
        雲仙普賢岳と小浜温泉の記事はコチラ→その4
        雲仙地獄の記事はコチラ→その5
        マリティームの記事はコチラ→その6
        諫早市と呼子の七ツ釜の記事はコチラ→その7
        唐津のお宿の記事はコチラ→その8



呼子の朝市でお買い物をした後は、吉野ヶ里遺跡へ。
その前にお昼ごはんを調達~。

バーガー1
唐津バーガー
某テレビの全国ハンバーガーランキングで4位になったんだって!

午前10時の開店と同時に行ったため、行列になってなかったよ
これから吉野ヶ里まで移動だから、並んでる時間ないから本当に良かったです。


吉野ヶ里についてからベンチで食べました。
バーガー2
スペシャルバーガー490円。
冷めてたけど、すんごく美味しかったっ
パンがふわふわで、ソースは少し甘目やけどチーズが分厚くって~ハンバーグもジューシー。
今度来ることがあれば、アツアツ出来立てを食べてみたーい





広大な敷地の吉野ヶ里遺跡
吉野ヶ里3



吉野ヶ里1
トロちゃんは興味シンシン!
花は怖がって近づこうともしませんでした。



この日は3月だというのに、汗をかくほどの超ポカポカ陽気
トロちゃんは日陰を探して、隙あらば家の中に入ろうとします
吉野ヶ里7
入っちゃダメよ~


中はこんな感じでした
吉野ヶ里2



そろそろバテテきたみたいなので、行きましょうか。
吉野ヶ里6

しかし吉野ヶ里って広すぎて、1/3も見てないとオモウ






  





長かった九州の旅、大阪へ帰りましょうね。




帰りはフェリーにしました
去年も利用した、さんふらわあ
さんふらわあ1


さんふらわあ2
夕日に向かい、物思いにふけるトロ
常にココロの中は『ナンカ クワセロ』だけどね


2時間前には大分フェリー乗り場に着いていたので、乗船する前にゆっくりしっかりオトイレを済ませました。


もちろんウィズペットルームです!
さんふらわあ3

フェリーに乗る前にスーパーマーケットで晩御飯を買いこんで、船内でビールを買って今回の旅行最後のご馳走



ハナトロもご飯を食べて、ぐっすりコテン
前回の旅行では物音に異常に反応してた花ですが、慣れたのか本当にお利口さんでしたヨ。


あっという間に神戸に到着。
お金かかるけどやっぱフェリーは楽やわあ



というワケで、九州旅行 福岡・佐賀・長崎はオシマイ。


長いこと読んでくださりありがとうございました~



スポンサーサイト

2015
04.09

九州の旅☆その8

これまでの旅行記 
        福岡うきは市筑後川温泉の記事はコチラ→その1
        鍋ケ滝とムツゴロウの記事はコチラ→その2
        佐賀 太良町のお宿の記事はコチラ→その3
        雲仙普賢岳と小浜温泉の記事はコチラ→その4
        雲仙地獄の記事はコチラ→その5
        マリティームの記事はコチラ→その6
        諫早市と呼子の七ツ釜の記事はコチラ→その7





呼子から車で30分くらい、唐津のお宿『大政』に着きました

わんこ好きのマイペースなおかみさんに迎えられ~

お部屋は館内の一番端っこだそうで、吠えても大丈夫ですよ~っと優しく言ってくださいました。
うちの子、あんま吠えないけど


もう一組わんちゃん連れがいたそうですが、こっちとは違う端っこの部屋だったみたいで全く会わず、声も聞こえず。


大政1
海は見えないけど、バストイレ洗面付きの広いお部屋でした。
この写真の窓から見えているのは、かしこブレーンの早稲田付属佐賀高校です。



大政2
花ちゃん疲れたかな?


大政3
トロは相変わらず食べ物を探してます~カバンに乗るなよっ






お食事の前にお風呂を済ませて~

・・・お風呂がね、別棟にあるんです。
草履に履き替えてほんの少し外に出ると、トイレかな?って思う扉をあけるとお風呂でした。

残念ながら温泉ではなかったです。

そして~なんと大阪の枚方(『ひらかた』と読みます)から来られていたご婦人と一緒になって、湯船に浸かりながらしばし談笑
大阪から車で来たと話すと、とてもびっくりされていました。

ご婦人は会社を経営されてるそうで、とても優しく上品な方でした。
大阪のおばちゃんは下品な人ばっかじゃありませんよ~





お食事は、お隣の別のお部屋を用意してくれました。
わんこ同伴OK、部屋食ですよ

大政11
みゆちゃんにもらったオシャレ服に着替えた花ちゃん

大政10
トロも、同じく衣装替えしてオコボレチョーダイ





この旅館のお料理、凄まじくすごかったんですよ!
行きますよっ

大政6
もずく酢(めっちゃ甘い、大阪人にはツライ)、イカのキムチ和え、きんぴらごぼう・・・ナドナド
↑メインがすごすぎて、この料理ハッキリ言って、なくていい


大政5
鯛のお刺身、サラダみたいなん
↑サラダ、なくていい(鯛のお刺身は美味しかったからアリアリ!)


載せてないけど、和牛の焼肉もあって霜降りで超柔らくて美味しかったけど、なんせメインがすごいのでお肉はほとんどハナトロ行きになりました


そしてそして~メインってのはっ





活イセエビのお造り
大政7
まだ動いてたの、ごめんね、美味しくいただきました。



呼子のイカのお造り
大政8
これも生きてたの。 それにしてもイカってすごくきれいに光るんやね~
歯ごたえがすごくて本当に美味しかった。あんなに美味しいイカのお刺身食べたの初めて。





んでんで、こちらの宿、自慢料理というのが~



鯛の塩釜焼き!!!!
大政4



塩を外したとこ
大政9
表の半身を塩釜焼きにして、裏の半身を先ほど載せた鯛のお刺身にしてあるみたい




も~、身がほっこほこでほどよい塩加減でめちゃうま!

いくらでもいけちゃう、美味しい~!
コレあったら、変に甘いモズクとかいらないって


この他にも、茶碗蒸しとかナントカ煮とかいろいろ出てきて・・・・しかも



『先ほどのイカ姿造りのゲソ、天麩羅にしましょうか』
『イセエビの殻をお味噌汁にしましょうか』
とサービス満点で




大政12
イカゲソ天麩羅、うますぎっ


大政13
激うま、イセエビ味噌汁




むっちゃくちゃ美味しい、ほんとにすごい


しつこいようだけど・・・甘いモズク・・・食べるんじゃなかった~後悔




たぶん、人生でこんなに食べたのは初めてってくらい、食べました


飼い主が、くるしーーーーーって言いながら食べてる横で、熟睡する花ちゃん
大政14
かわうぃ~ね




本当に美味しかったです、ご馳走さまでした





お部屋に戻ったら、唐津城がライトアップされてるのが見えたよ。

そして、みんなすぐにコテン



  

次の朝
こちらのお宿、唐津城内の敷地にあるんです
oomasa
松林がすごそばに。

とてもよい散歩道ですね~

せっかくなのでお城まで行ってみました

大政16
階段ガンバロー!



大政18
立派な唐津城。
入れるのかなあ?早朝だったのでたぶん無理??
わん連れなので入る気なしですが~。



大政17
玄界灘です。
黄色の↑は泊まったお宿ね。



お散歩のあとは朝ごはん
朝ごはんは大広間なのでワンコはお留守番です
今回は、お宿に断ってハナトロパパと交代でいただきました。
大政19

朝ごはんも大変美味しかったです。



持参したコロコロ等でお部屋をキレイにしたのち、チェックアウトして~
パグは抜け毛がすごいので、少しでもきれいにしときたいのです。
『ワンコOKだけど、パグはお断り』と言われないよう、パグ飼いのみなさん、旅行の際はどうかお願いいたします。





スタッフの方の温かいお見送りを受けつつ、再び呼子へ。

呼子の朝市でお買い物です
大政20
イカが回ってます



大政21

たくさんの露天が連なっています

大政22
ウニをその場でさばいて食べさせてくれるんだって!

大政23
さざえも大阪に比べると、激安やね



たくさん海産物をお土産に買いましたよっ






今日はいよいよ最終日。

お次は吉野ヶ里遺跡に行きますヨ~


つづく。
もうしばらくお付き合いくださいマセ。


2015
04.05

九州の旅☆その7

これまでの旅行記 
        福岡うきは市筑後川温泉の記事はコチラ→その1
        鍋ケ滝とムツゴロウの記事はコチラ→その2
        佐賀 太良町のお宿の記事はコチラ→その3
        雲仙普賢岳と小浜温泉の記事はコチラ→その4
        雲仙地獄の記事はコチラ→その5
        マリティームの記事はコチラ→その6


マリティームを後にして、車で30分ほど走ると諫早(いさはや)市内中心部へ着きました。

諫早市はトロが生まれたところ。
ミニアジリティの申し子、トロを産んでくれたお母さんパグのいるところ。
ハッキリいって、トロは劣悪な環境で生まれ育ったと思われます。
トロの産みのお母さん、トロは我が家の長男として大切に大切に育てていますよ。安心してね。

諫早5


めがね橋って長崎市内のが有名らしいけど、諫早にもあるんですね
諫早4

諫早1

諫早2
諫早公園ではホタルの養殖(保護?)を実践してるのだそう。
きれいに光るホタルが見れるといいですね!


諫早3

もっとゆっくり諫早市内を見学したかったけど、先を急ぐので早々に高速道路で次の目的地へ



今回の旅のお昼ご飯はほとんどが高速道路のSAでした。
SAのパン買って食べたりとかさ~。
     でも最近のSAのパンのクオリティの高さにはびっくりしました。
          焼き立てパンが食べられたりと、本当に美味しかったですヨ

 パパなんて出来たてサクサククロワッサンに、火傷しそうになって感動してたもんな~。


移動が多く時間が取れないのと、ドッグカフェの情報があまり得られなかったからです。
長崎ちゃんぽんなどのご当地グルメも食べられなかったのですが~


川登(かわのぼり)SAでは、やっとこさ長崎らしいものをゲットできました
kakunimann
角煮まん
甘辛く炊いたとろとろの豚の角煮をふわふわの蒸しパンに挟んで食べるんです~
これ絶妙でした!
軽く5個はイケるな~ってとこを1個で我慢したヨ



クルマで走ること2時間くらい

呼子に着きました
呼子7


呼子といえばイカが有名ですよね。

イカはお宿でいただくことにして~。


遊覧船に乗りました

イカ丸は景勝七ツ釜、ジーラは海中水族館行きです
呼子6
コレはジーラだと思われます。


七ツ釜を見たいので、イカ丸に乗船
抱っこ、あるいはケージに入れたら、ワンコOKなんですよ

呼子5

呼子1
土曜日だったので観光客で満席でしたが、花を抱っこしててもみなさん『かわいい~』って言ってくださって助かりました。
花はとても大人しいので、気づいてない人もいたようです。
え?トロですか?あいつはウルサイのでケージに入れて足元に置いておきましたよ~
ケージの中でずっと熟睡してたようです。


呼子2
なんだかすごい切り立った岩。
人が居てる・・・・どうやって行ったんだろう?


呼子4
自然に開いた穴が7つあることから、七ツ釜と呼ばれています。
この写真では4つしか写ってないけど、あと3つあったよ。


呼子3
釜の近くまで行ってくれます。花も覗いてみたよ




このあと呼子の街をプラプラして、宿がある唐津市まで移動しました。


今回の旅、最後の4泊目となるお宿はどんなとこでしょうか~。
またまたびっくり仰天料理満載のお宿だったんですっ


つづく。













2015
04.03

九州の旅☆その6

これまでの旅行記 
        福岡うきは市筑後川温泉の記事はコチラ→その1
        鍋ケ滝とムツゴロウの記事はコチラ→その2
        佐賀 太良町のお宿の記事はコチラ→その3
        雲仙普賢岳と小浜温泉の記事はコチラ→その4
        雲仙地獄の記事はコチラ→その5



長崎県諫早市にある、わんこOKのお宿マリティーム
マリティーム
建物全体像を撮ったのが夕食後だったため、暗いですが~

こちらの建物は母屋というか、フロントとお食事するところ。

お部屋は、この母屋の横にくっついてる1号館(ココのみ大型犬宿泊可)と、独立している離れ2棟の計3部屋のみです。
ちなみに小さなお子様は宿泊できません



ハナトロ一行は離れの3号棟にしました。
(3号棟の全体像撮り忘れ~)

車も横づけできて、荷物がおおいワンコ旅行には助かります。



m1
素敵なリビングにベッドルーム、バルコニー、お風呂も大きいです
お年寄り連れの方はこのお部屋がおススメですね~。






ひとしきりお部屋の探索も終わったので、お庭に出てみました。
m2
島原半島方面が見渡せる高台にありますよ。


あ、ちなみに、お宿に到着するまでの道、いろんな意味ですんごかったです

本当にこのけもの道(スイマセン)を行くんだろうか・・・ナビに騙されてるじゃないだろうか
対向車きたらどうしよう・・・バックで戻るなんていう運転技術はないもんですから、本当にヒヤヒヤ

お宿に着いたときは、ホッとしました





ドッグランで、博多から来られていたジャックラッセルくんとご挨拶するトロちゃん
m5


とても懐っこいジャックくんなのですが、トロの我慢の限界を超えたようで・・・
堪忍袋の緒が『ブチッ』っと切れて、激しいバトルになってしまいました

花以外の子にマウントされるのは、絶対許せないトロなんです



ジャックくんの飼い主さんが大変恐縮されていたので、一旦トロをランから避難させて、遊び足りないジャックくんのお相手は花ちゃんがすることに。
m6
ジャックくん、めちゃ嬉しそうですね~。
花もいっぱい走れて良かったね




そうそう、海が見える家族風呂というのがありまして。
はなとろパパは入りにいってました。
景色がきれいで気持ち良かったと申しておりました。



そしてそして、お待ちかねの夕食ですっ

正直、こういったオシャレなお宿の食事って、やたら皿がデカく見た目きれいなだけで量も品数も少なく、たいして美味しくもなく・・・というのが今まで多かったので、全く期待してなかったんですが~っ

見事に裏切られました!!!!!

ひゃっほーい!←浮かれすぎ。
でもホントに素晴らしかったんです



まずは前菜
m3

地元の食材を使ったお料理。
何の葉っぱのてんぷらやったかな?説明聞いたけど忘れちゃった。
それにしても美味しいわ
ビールが進みます
ホントはワイン・・・がいいんだろうけど、ビール以外飲めないんです。

この前菜だけで、もう大満足しちゃったよ




マリティームさんでは、お食事場所もそれぞれ独立していて個室になっています。
他のわんこに気兼ねすることなく、ゆっくりお食事できますヨ。


そして、開業以来同じ料理は出していないんだそうです。
この↓サザエの味噌マヨネーズ焼き以外は。
m16
ブレブレでスイマセン

サザエの味噌マヨ焼きは、リピーターさんに『毎回出してくれ』と懇願されたのを機に唯一の定番メニューとなったそうです。
わかるわかる、めっちゃ美味しいっ
柔らかい身の部分と、ほろ苦い肝の部分がマヨと合ってる!



m7

お造りもプリプリ、島原そうめんアワビ添え、タコの苺ソース(さわやかな苺の香り:絶品)、太刀魚のグリル。
で、オシマイだと思っていたら、お肉まで出てきてビックリ!

このお肉、長崎牛だったか諫早牛だったか全国2位になった地元の牛だそうです(また忘れたんかーい)
わさび塩、でいただくという、シンプルだけどとーっても美味しい料理でした。しかも厚切りなのに超柔らかい

やっとご飯とお味噌汁がでてきて、もうほんとにお腹はちキレそうでした。


m8
おデザ~!苺まんまのシャーベット。
うーん、おいしい~



このあとスタッフの方たちと談笑させていただき、こちらの宿が人気が高いのがわかりました。
人柄がにじみ出てるんです。

そして部屋に戻るまえにドッグランで遊んでいると、『夜空がキレイですね、せっかくなので』とわざわざ母屋の照明を落としてくれて、大阪ではみることのできないキラキラの星空を堪能しました。



また忘れるとこだった、ハナトロの晩ご飯も出してもらったんでした
m4

鶏肉といろんな地元のお野菜がたくさん入ったもの
ずっとドライフードと缶詰だったので、用意していただいてありがたかったです。
もちろんアッと言う間に完食~!



お部屋に戻ると、ふたりともコテン
m9







朝まで起きることなくたっぷり寝た花ちゃん
m14
今日もキレイね


トロはまだ夢の中か??
m15


ワンズたちの朝ごはんも用意してもらって
m10
昨晩とは違うお野菜がたくさん入ってました



ワタシタチの朝ごはん
m11
たっぷりのサラダ

m12

m13
自家製の焼き立てパン、超おいしい~!
ポテトサラダやソーセージもウマウマでした



ああ、名残惜しいけどチェックアウトしなきゃね~。
大阪から近ければいいのに・・・ああ、ほんとになぜ九州なの?
また来たい~ゼッタイ来る~! リピートしてやる~



つづく
お次はトロが生まれた諫早市に行ってみます。

 




2015
03.29

九州の旅☆その5

これまでの旅行記 福岡うきは市筑後川温泉の記事はコチラ→その1
        鍋ケ滝とムツゴロウの記事はコチラ→その2
        佐賀 太良町のお宿の記事はコチラ→その3
        雲仙普賢岳と小浜温泉の記事はコチラ→その4



小浜温泉の蒸し釜料理でお腹いっぱいになったハナトロご一行。
雲仙地獄へ行ってみましょう~。

駐車場に車を停めて(500円だったかな?)、入場は無料でわんこもOKですヨ
(排泄はさせない・リードを付けるなどマナーは守りましょう)


雲仙1
      わ、すごい硫黄の匂いがする~
雲仙4
      けむり、凄まじい~


雲仙2
怖がりの花ちゃん、頑張って~

雲仙3


雲仙5
硫黄がハナトロに影響しないかちょっと心配だったけど・・・
もっとちっちゃいワンちゃんは抱っこしてあげたほうがいいかもです。


噴き上げている場所ばかりではなく、展望台になっているところもあったりしてゆっくりできました。



花ちゃんはずっとこんな状態でしたけど・・・
雲仙6



対照的にトロちゃんは
雲仙7


雲仙8
元気いっぱいで、はしゃいでました


『パグちゃんかわいい~!』といろんな方に声をかけていただきました。
小さなお子さんも『わんちゃん触っていいですか?』と聞いてきてくれる子ばかりで、九州はなんて礼儀正しいんだろうと感心しました。



  


お土産やさんなどをウロウロしながら雲仙温泉の町なみを散策して、3泊目のお宿へ向かいます。





泊まってみたかったお宿、マリティームです。
わん連れ旅行が大好きな方なら、九州方面で一度はチェックされているだろうお宿だと思います。
マリティーム


その6では、素晴らしすぎるマリティームの魅力をたっぷりご紹介します。
まだまだつづくのだ~



back-to-top