2016
11.15

丹波篠山☆日帰り旅

兵庫県の丹波篠山に日帰りであそびに行きました。


いや、ほんとは親戚のおばちゃんの一周忌法要のために行ったんですヨ。


ハナトロを連れていったので法要には参加せず、お墓に参らせてもらいました。








お墓参りを終え、お昼ご飯を食べに『悠遊の森』のレストランへ
ベルピーマン1
テラス席ならワンコ同伴OKです



テラス席、結構広いよ
ベル9




ベル7
秋色のもみじたち


ベル2
花ちゃん

ベル3
トロちゃん(なんで後ろ姿やねん!カメラマン:甥っ子)



鶏むね肉と焼き芋のハナトロ弁当を食べて
ベル5
ベル4



御姫様はじいじに抱かれて、ご満悦
ベル10



人間様もお食事を済ませて
ベル6



コーヒータイム
ベル12
わ、コーヒーカップにカメムシ!   自然の中って感じがしますっ






花ちゃんも7歳になって
ベル8
おひげが左右それぞれ一本づつ、白髪になってしまいました。
しかも長いやつが白くなったもんだから、目立つんだよなあ。



  







丹波地方には城跡がなんこかあるんですけど、黒井城跡に行ってみることにしました。

山の上に城跡があるみたい。ちょっと登ってみようか~っとなり

黒井1



軽い気持ちで山に入ったものの・・・・

黒井2

黒井3
黒井3

ゆるやかコースやのに、かなりシンドイぞ~っ


黒井4
無言で登り続ける・・・(笑)




黒井5
人間様、ご休憩。




みんな頑張った!もうすぐ頂上ですよ~
黒井9



ここに本丸があったんやね。
黒井10



黒井城なのに保月城?呼び名がいろいろあるのかしらん
黒井7



ふもとの電車を望遠カメラで撮影する甥っ子、キマッテル~!
黒井11



解放感からか・・・

黒井12
トロ、うんち!



え?花ちゃんも?!
花うんち


きれいな景色を堪能して、うんちもしてすっきりしたので下山します。

ゆっくり登ってゆっくり降りて、約一時間半かかりました。




山登りを断念した母と姉は、山のふもとをウロウロ
黒井14



春日局の生まれたお寺などを見学して、時間つぶしてたようです。
黒井15




帰宅後、トロ熟睡 いっぱい遊んで疲れたね
黒井17


散歩が嫌いなトロが、頂上まで登ったのにはびっくりしました。
案外、山登りが好きなのかなあ~。


スポンサーサイト

2016
05.10

茨木市で遊んだよ

茨木市という、大阪府のちょっと北の方にあるとこに遊びに行ってみました

見山の里というJAがやっている地元の野菜などが売っているとこ


お昼ご飯を食べたよ




うどんと蕎麦に入ってる山菜の天ぷらが美味しかったよ~



あまごの炭火焼き



ハナトロにもちょっとだけ…



姉がソフトクリームを食べ出すと、ハナトロ大興奮

お上品にアイスをお箸で食べるハナちゃん



一方、トロは直食い




あれ?ハナちゃんも直食い~???



耳をダンボにして暴れながら食べるトロ





美味しかったね、良かったね~。





少し車で移動して

いましろ古墳にやってきました



わんこは立ち入りオッケーエリアに制限があるけど、十分楽しめました







埴輪のレプリカ





古墳の中、というか古墳の上に行ってみました

ここはわんこはダメエリア。


古墳って言われなければ、普通の森っぽいよ


少し暑かったけど、みんなでおでかけできて良かったね


つかれたブ~よ






2016
04.12

呉・しまなみ・四国の旅☆その7

Category: 広島・四国
呉観光→☆その1

しまなみ海道のお宿→☆その2

しまなみ観光と道後・松山観光→☆その3

南道後温泉の宿→☆その4

讃岐うどんと金毘羅さん→☆その5

屋島の宿→☆その6




桃太郎さんを出発して、屋島をくるりと観光


ますは屋島寺
屋島1
朝からお遍路さんがたくさん来られててビックリ。
皆さん熱心にお参りされてました。



たぬきがイメージキャラクター???
屋島2


とっても広いお寺でして、ハナトロは抱っこしてて重かったので少しだけ見学しました。





屋島は源氏と平氏の戦いの場所なんですよね。

血の池と呼ばれている池
屋島3
橋の真ん中にハナトロイマス。

壇ノ浦の戦いのときに、武士が血の付いた刀を洗ったと言われている池なんですって。



お散歩がてら、てくてく歩きました。
屋島4





ではお次の観光地へ~。

高松から高速で2時間あまり走って


祖谷のかずら橋にやってきました。
かずら1


ハナトロを抱っこして渡ってみましょう!怖いけど。




渡ろうとしたけど、けっこう隙間があってめちゃめちゃ怖すぎる。
隙間に足が挟まって、間違いなく靴が奈落の底に落ちていくと思う。
いや、靴どころか、足も挟まって怪我するかもしんない。


運が悪ければ体ごと落ちるかも。


ハナトロを置いてまだ死ねない・・・・。




私は途中で断念しました、おそろしや。





パパは花を抱っこ、ケージに入ったトロを肩にかけてスッススッスと進んでいきます。
かずら2


トロはケージの中だからわかんなかったみたいだけど、抱っこされてた花は橋の隙間から高さを感じていたようで
渡りきって私に抱っこされたとき、体がすっごい固まってました。
怖かったね、ごめんよ~





かずら橋の下に降りれるようです。
パパがどうしても降りたい、というので来ましたが
花はもう行きたくないと完全に拒否し、トロだけ降りましたが・・・

かずら3

パパのわがままに付き合わされて、トロがかわいそうでした。



大歩危小歩危(おおぼけこぼけ)を通ったので、写真だけ
かずら4



たっぷり堪能した旅でした。おしまい。
徳島ー淡路島を通って大阪に帰りました


次はどこ行こうかな



2016
04.07

呉・しまなみ・四国の旅☆その6

Category: 広島・四国
呉観光→☆その1

しまなみ海道のお宿→☆その2

しまなみ観光と道後・松山観光→☆その3

南道後温泉の宿→☆その4

讃岐うどんと金毘羅さん→☆その5








3泊目のお宿は高松市屋島にある屋島の宿 桃太郎さんです

桃太郎3
屋島ドライブウエイを上がってきた頂上にあるお宿で、夕焼けがとてもきれい。
お宿も真っ赤に染まっております。
(ちなみにドライブウエイ入り口で通行料を支払いますが、宿で返金してもらえます)





築年数はかなりのもの。


昔はたくさんの部屋数を誇っていたようですが、現在は3部屋のみ。
そのうち2部屋はとっても広くてきれいな和洋室にリノベーションされ、残る1部屋は和室です。
廊下などは古いときのままですが、共同の洗面所や洋式トイレはめっちゃキレイです
(部屋にも和式トイレ・洗面所はありますヨ)



ハナトロは和室に泊まりましたよ~
桃太郎18
12畳あるし、広くてきれいです。


晩御飯は7時から。
それまで夕焼けを楽しみました
桃太郎4
なんだか上手に撮れてないけど、もっとキレイやったよ


ちょっと雲が多いかな?
桃太郎5



花ちゃんも真っ赤だよ
桃太郎2
トロは部屋から出たくないらしく、来てくれませんでした。





お風呂なんですけど
お値段が1番高いお部屋は、風呂付きの部屋なんです。
2番目のお部屋と、和室にはお風呂がありません。
なので1階にそれぞれの部屋専用貸切風呂があって、部屋に付いている自動湯沸しパネルでお風呂にお湯をためて入りに行くという面白いシステムになってます。



温泉じゃないけど、自分たちの専用風呂ですので気兼ねなく何回でも入れるので良かったです








晩御飯は別室でいただきます。もちろんハナトロも一緒に
桃太郎7
屋島名物 源平焼き
塩を下に敷いて蒸し焼きになってます。
その塩を振って食べたら、鯛の身がふわっふわで美味しい~っ


桃太郎6
ハナトロにはササミのホイル焼きも入ってましたヨ




季節感たっぷりな前菜
桃太郎8






お造りの手前にある白いのは、鯛の白子
桃太郎9
初めて食べたけど、とろ~んとして臭みもまったくなくめっちゃ美味しかった!




蒸し野菜
桃太郎10
オリーブオイルとお味噌を和させたソースでいただきます。
が、源平焼きのお塩で食べたらシンプルでこっちの方が美味しかったんだよな~。

この塩、旨いなあ・・・特別なもんなのかな?っとスタッフに聞いてみたら
『フツーの荒塩なんですけど、継ぎ足し使っているので鯛のエキスが染み込んでいる』らしーです!

へぇーって驚いていると、『お持ち帰りされますか?』っと。

金額を聞いてみたら、『サービスですので、どうぞどうぞ』と持って帰る容器まで頂いちゃって。
お言葉に甘えてたっぷり貰っちゃいました。




なんとかフグの焼いたもの、酢味噌で。
桃太郎10
酢味噌も美味しいんだけど、またまた源平焼きのお塩とお造りに付いていたレモンでさっぱり頂きました。




桃太郎11
鯛のすり身を包んだ桜餅風の蒸し物。
ちょっと甘目の白みそ風のお出汁と桜餅の風味。
コレ、すっごい春らしくて美味しかった~っ



後は白いご飯とおすましをいただいて




この頃には花ちゃんは夢の中(鼻水垂れてますよ、姫!)
桃太郎12
6歳になった花ちゃん、ぽつぽつと白い毛が目立つようになってきましたねえ。



デザートは後でお部屋に持ってきてくれます
桃太郎13
3つもあるよ~っ甘いモノは全く得意でないのですが頑張って食レポ
すっごい甘いのと、とってもちべたいのと、フルーツ!(笑)

パパ談『プリンかと思うやつは、中に苺ゼリーみたいなのが入っていて上に甘いソースがかかってるよ。
味が合わさって甘酸っぱくなって美味しいよ。』だそうです




  





朝から貸切風呂で温まったあと、朝ごはん


一階のお食事処でいただきます、もちろんハナトロも一緒
桃太郎14



桃太郎16
目ヤニいっぱい溜めて、寝ぼけ顔のトロ






打ち立ての讃岐うどん
桃太郎14
おおお、めちゃ腰があって美味しい~ツルッと入っちゃう






桃太郎15
純和食。朝からこんなに豪華だなんて~!

ご飯2杯食べちゃいました・・・







最初は私たちだけだったけど、しばらくして他の部屋の方もお見えになって隣りのテーブルに座ったとたん
桃太郎17
トロはお隣にラブビーム

いやしんぼのトロ、ハズカシイからヤメテ!



本当に素敵なお宿でした、また来たいっ


せっかくなので屋島観光に参りましょう~


☆その7に続く



















2016
04.04

呉・しまなみ・四国の旅☆その5

Category: 広島・四国
呉観光→☆その1

しまなみ海道のお宿→☆その2

しまなみ観光と道後・松山観光→☆その3

南道後温泉の宿→☆その4







3日目は香川へ移動
やっぱ香川といえば、うどんやんね~。


素敵なお庭でハナトロも一緒に食べることができる『うどん本陣 山田屋』さん

ここは超有名店でして、すでに行列が・・・
うどん1




『わんこが居るんですケド・・・』と聞いてみたら、テラス席にすぐ通されました。
あれれ?

うどん4


お座敷やテーブル席に行列が出来てるみたい。
でも暖かかったから、テラスでも何の問題もないよ~。
待ち時間ナイからラッキーでした



うどん2
ぶっかけうどん、プラス卵黄
天かす、薬味、いろいろ混ぜて、ホントに美味しいよっ
うどんだけじゃ足りないかなっと思ったけど、お腹いっぱいになりました。


うどん3
ぶっかけ大盛り


ツヤツヤの讃岐うどん、お出汁も美味しい




では、金毘羅さんに向かいまーす


こんぴら1
お土産屋さんが並んでるとこを通って


こんぴら3




785段ある階段を上がっていきますよっ!
こんぴら2
道後の神社んときと同じように、たったたったと上がっていくトロ。


こんぴら4
結構 急なんだよねえ


ちょっと休憩(人間が) 花ちゃんは平気だそうです。
こんぴら5



階段登ってるときも、こうやって休憩しているときも『パグちゃんかわいい』ってすごく声を掛けてもらいました。

写真撮ってもいいですか?なでてもいいですか?本当にたくさんの方にかわいがってもらいました。

パグって人間を笑顔にする不思議な魅力がありますね。


あ、そうそう、レベルの高いパグマニアの女性が花を見て
『めちゃ美人!』って


やっぱりやっぱり~???
花はパグ界のスーパーモデルですから(スイマセン、完全なバカ親です)


  





682段目の旭社まで登ってきました。
まだ先はあるけど、ここまでで充分かな~ということで、降ります。
こんぴら6
階段を降ろすのは足腰に負担があるので、トロはスリングに。


花ちゃんはパパが抱っこで。
こんぴら7



行きはよいよい、帰りはツライ(人間が)

スリングに入ってるとはいえ、8キロのトロは重くて紐が肩が食い込むし、
花を抱っこするパパも腕がだるくてヒーヒー言ってました。


下まで降ろしたときは、二人とも『はあ~やっと解放された』って言いましたよ(笑)




とっても疲れちゃったので、お宿に向かいまーす。
屋島の宿 桃太郎さんです
桃太郎3

こーんなにきれいな夕日が見られるお宿
桃太郎5




その6に続く





back-to-top